サイトマップ

印刷

ユネスコスクール

[令和2年6月17日更新]

ユネスコスクール加盟校として

 
本校は「ユネスコスクール」に加盟し、ユネスコの理念であるESD(持続可能な開発のための教育)の考えを取り入れた教育活動を行っています。
ユネスコスクール加盟校としての、本校におけるESDに関する取り組みを紹介します。

    
  ESDに関する取り組み

 

ESDとは

 
ESDは、Education for Sustainable Developmentの略で「持続可能な開発のための教育」と訳されています。
現在、世界には、環境・貧困・人権・平和・開発といった様々な地球規模の課題があります。
ESDとは、地球に存在する人間を含めた命ある生物が、遠い未来までその営みを続けていくために、これらの課題を自らの問題として捉え、一人ひとりが自分にできることを考え、実践していくこと(think globally, act locally)を身につけ、課題解決につながる価値観や行動を生み出し、持続可能な社会を創造していくことを目指す学習や活動です。
つまり、ESDは持続可能な社会づくりの担い手を育む教育です。


出典:ESD 持続可能な発展のための教育(文部科学省)
http://www.esd-jpnatcom.mext.go.jp/about/index.html
〒106-0032 東京都港区六本木六丁目16番36号
電話 : 03-5411-7327 ファクシミリ : 03-5411-7367
E-mail : S1000289@section.metro.tokyo.jp
アクセス